研修環境について

研修環境について

コンフォート北里

平成25年に完成した、病院に隣接する独身研修医用宿舎です。(間取り1K、居住スペース8.8畳、キッチン・トイレ付)

e-ラーニングシステム

臨床手技に係る北里オリジナルの動画とProcedures CONSULTのコンテンツが、インターネット環境のもとで、いつでも、どこでも、繰り返し視聴できるので、オンデマンドな自己学習を行うことができます。

スキルラボ

さまざまなシミュレータを使用した研修が可能です。研修医の教育セミナーでは、中心静脈穿刺セミナーなど、シミュレータを使用した手技研修も行います。

臨床教育研究棟(IPE棟)のご紹介

2017年の臨床教育研修棟(IPE棟)オープンを機に、臨床研修センターは大きくリニューアルしました。
特徴としては、初期臨床研修医・後期臨床研修医専用の居室および仮眠室(シャワールーム有)が設置されました。
初期研修医室は、広いスペースに机とロッカーが設置され、研修に有用な書籍等をおいた資料棚も設置しております。
後期研修医室は、書棚付の机が研修医毎に用意されており、診療科毎の格納棚が設置されています。
また、同じフロアに、電子カルテを操作できるワークステーション(PC6台、プリンター、コピー機を設置)や休憩室、面談室を設置しています。
IPE棟内にはレストラン、コンビニエンスストア、カフェなどが設置され、アメニティが充実しています。

研修医室

ワークステーション

休憩室(コミュニケーションエリア)

レストラン・カフェ

コンビニエンスストア(ローソン)

研修医セミナー

研修医に「どんなことを学びたいか」指導医に「研修医に学んでもらいたいこと」をアンケートし、双方の意見が重なったものを、研修医の勉強会として月1回実施しています。
薬剤トラブルや感染管理などに関するインシデントや、スキルラボを活用した結紮縫合、CV挿入などの手技研修も多く取り入れています。また、セミナーの内容は録画を利用して、2014年度より導入したe-ラーニングシステムで繰り返し自己学習ができるようにしています。