教室紹介

教授のご挨拶・当教室の特徴

北里大学医学部産科・婦人科

北里大学病院産科・婦人科

産科学分野

産科教授の挨拶―
新しいことに挑戦し続けよう

海野信也(うんののぶや)
北里大学医学部 産科学主任教授
北里大学病院 周産母子成育医療センター長

私は、北里大学産婦人科にとって一番大切なものは、既成概念にとらわれず、自由な考え方で、新しい医療に積極的に挑戦する気持ちを持ち続けることだと考えています。責任者の最重要の任務は、産婦人科医及びともに働く他の専門分野の医師、看護スタッフ、その他の医療職みんなが、患者さんのための新しい医療を展開できる環境を整備することです。

今、医療の現場は多くの問題を抱えています。そのため、現場の人間としてはどうしても新たなチャレンジをするのが難しい、むしろチャレンジを避ける方向に流れがちになっています。しかし、それでは医療の進歩は望めません。大学医学部は新しい医師を育てるところであり、大学病院は新しい医療を創り出すところです。

私は、北里大学産婦人科の構成員には、自分の能力を最大限に発揮して仕事をすること、自分がやるべきこと、やりたいことに躊躇せず全力を注ぐことをお願いしています。そして、それができる、みんなが心置きなく進んでいける医学部産婦人科学単位であり、大学病院産科・婦人科・周産母子成育医療センターであるための体制の整備に、今後も全力をつくしていきたいと考えています。

婦人科教授の挨拶

恩田貴志(おんだたかし)
北里大学医学部 婦人科主任教授
北里大学病院 婦人科長

婦人科は大きく分けて、腫瘍医学分野(腫瘍班)と生殖医学分野(生殖内分泌班)があり、北里大学婦人科の腫瘍班では子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌などの悪性腫瘍の治療や、手術を要する良性疾患や前癌病変の治療を行い、生殖内分泌班では、不妊症、不育症、婦人科内分泌異常、先天異常に基づく性機能障害等の治療や、子宮、卵巣などの良性腫瘍の腹腔鏡下手術、子宮外妊娠の薬物治療などを行っています。最近では、腫瘍班で、子宮、卵巣の良性腫瘍、子宮の前癌病変、初期の子宮体癌などの腹腔鏡下手術も行っています。腫瘍班では、国内の複数の大規模臨床試験グループで行われている多くの多施設臨床試験や、国立がん研究センターで行われている研究などに参加しており、患者さんにご協力頂いて積極的に登録を行なうことにより、よりよい癌治療開発に貢献しています。私自身は、腫瘍が専門であり、悪性腫瘍患者さんの診療を中心に担当していますが、腫瘍班と生殖内分泌班は密接に連携を取って、それぞれの患者さんに適した、よりよい治療を目指して診療を行っています。

北里大学産婦人科の特徴

北里大学の産婦人科は、政令市である相模原市を中心とする神奈川県北部に位置する大学病院として、「膨大」と表現する以外にない多数の症例に恵まれており、これまで多くの臨床経験を積んだ、優れた臨床医を輩出してきました。先輩たちは、全国の臨床の第一線で活躍しています。

産科学・生殖医学・婦人科腫瘍学をトータルに研修しつつ、さらに各分野での先端的な取り組みの充実を図ってきました。2019年4月からは生殖医療分野の体制を強化し、腹腔鏡下手術の大幅な増加を進めています。

このような臨床の実践を通じて、若手医師の研修環境を整え、産婦人科専門医取得後には、各領域、及びその周辺領域の専門医取得(周産期(母体・胎児)専門医、超音波専門医、産婦人科内視鏡技術認定医、婦人科腫瘍専門医、細胞診指導医、女性医学専門医等)を積極的に行っています。

産科学分野

産科学分野は、産婦人科の中でもコアの部分である妊娠・分娩を担当しています。大学病院では低リスクの妊娠から様々な合併症妊娠、ハイリスク妊娠の管理とその分娩を担当するだけでなく、救命処置が必要な母体への対応まで、幅広い診療を行っています。

北里大学病院は神奈川県県央北相地区の総合周産期母子医療センターとして県の認定を受けています。産科は、北里大学病院周産母子成育医療センターの周産期部門を新生児部門・産科麻酔部門とともに構成しており、一体となって、救命救急センターとともに周辺の医療機関から紹介・搬送されてくる多数の重症の母体・胎児・新生児を対象とした診療にあたっています。

また、北里大学の産科は、今、ニーズが急速に高まっている無痛分娩のセンターという側面ももっています。わが国の無痛分娩・産科麻酔の中心的施設の一つとして多数の無痛分娩を取り扱っており、安全で質の高い無痛分娩を提供しています。

このような診療上の特色を背景にして、知識と経験を兼ね備えた実力のある産婦人科医の育成に力を注いでいます。

生殖医学分野

生殖医学分野では、不妊症治療や婦人科良性疾患の低侵襲治療をバランスよく展開しております。特筆すべきは、異所性(子宮外)妊娠の非手術療法です。薬剤の局所注入を中心とした方法により多数の異所性妊娠の治療を行っています。この治療法は間質部妊娠、頸管妊娠に特に有効と考えています。
他にも体外受精や卵巣腫瘍治療においても大学病院ならではの先進的な医療を患者様に提供しております。

婦人科腫瘍分野

婦人科腫瘍分野は、大学病院としては非常に多くの症例に恵まれています。診療は、婦人科良性腫瘍や、前癌病変の手術、婦人科悪性腫瘍の手術、化学療法、放射線療法などを中心に行っています。放射線治療症例では、放射線科との密接な連携の上に、治療を行っています。化学療法は、薬剤により入院が必須の場合もありますが、多くは、外来での治療も行っています。患者さんの状態にも依りますが、通院可能な方であれば、放射線治療も外来治療に対応しています。