北里大学病院 放射線部
北里大学病院のホームページはこちらから
Home
放射線部紹介 検査・部門紹介 医療の中の放射線基礎知識  

検査・部門紹介

骨塩定量検査

骨塩定量検査とは?

骨塩定量検査とは、骨密度を測定する検査です。
北里大学病院では、DXA法による骨塩定量を行っています。

骨密度とは?
骨の中に含まれるカルシウムなどのミネラル分を骨塩といい、ある大きさの骨に含まれる骨塩の量を骨密度といいます。
DXA法とは?
Dual-energy X-ray Absorptiometry(二重X線吸収測定法)の略称で、エネルギーの異なる2種類のX線を用いて骨とほかの組織とを区別し、骨密度を測定する方法です。
日本骨粗鬆症学会、日本骨代謝学会、骨粗鬆症財団が作成したガイドラインでは、腰椎正面と大腿骨近位の測定が推奨されており、当院ではこれに準拠して検査しています。
検査の特徴
よくある質問Q&A
ページトップへ
Copyright (C) Kitasato University Hospital. All Rights Reserved.