北里大学病院 放射線部
北里大学病院のホームページはこちらから
Home
放射線部紹介 検査・部門紹介 医療の中の放射線基礎知識  

検査・部門紹介

血管造影検査・IVR

概要

検査中の風景

血管造影検査は、1から2 mm径程のカテーテルと呼ばれる細い管を目的の血管まで到達させ、造影剤を注入して血管の形態や血流を観察します。画像処理によって、目的の血管だけを描出することで、病気の診断、評価にとても役立ちます。
北里大学病院では、救命救急・災害医療センター、総合手術センターを含め、6台の血管造影装置を稼動し検査、IVRを行っています。
IVR(Interventional Radiology)は、血管造影装置、X線透視装置、CT、MRI、超音波診断装置などの画像診断装置を使い、血管、消化管、尿管などの治療を行うことの総称で、血管造影検査の技術を応用したものを血管系IVRといいます。
血管系IVRでは、カテーテルを目的の場所まで進め、狭窄した血管を広げる拡張術、出血した血管をふさいだり、動脈瘤をつめたりする塞栓術、がんを栄養する血管に薬を注入する動脈化学療法などの治療が行われています。
血管系IVRは、外科手術にくらべて低侵襲で治療を行う事ができるため、体への負担が少なく、入院期間も短くできます。
流れと諸注意
IVRの実例
よくある質問Q&A
ページトップへ
Copyright (C) Kitasato University Hospital. All Rights Reserved.