網膜・硝子体班

網膜・硝子体に生じる疾患には様々なものがあります。その中でも、裂孔原性網膜剥離、増殖糖尿病網膜症、黄斑上膜、黄斑円孔、硝子体出血等の手術で治療する疾患を対象に診療を行っております。

近隣の医療機関から多くの紹介患者が受診されますが、最新の検査機器を用いて迅速かつ正確な診断を行い、それぞれの疾患に応じた安全な手術を心がけています。当グループでは年間約600件の手術を行っています。

尚、当院では加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症、糖尿病黄斑浮腫に対する抗VEGF治療は行っておりません。