後期研修医募集案内 北里大学病院 形成外科・美容外科では形成外科領域全般にわたって幅広く治療にあたっています。

北里大学病院 形成外科・美容外科トップページ > 後期研修医(専攻医)募集案内

お知らせ

専攻医プログラムの第1次募集は2017年9月29日をもって締め切りました。入局希望を申請された方は、事務局からメールで連絡させていただきます。面接試験は10月9日・10日を予定しています。不明点などございましたら、お気軽に事務局(kprs@kitasato-u.ac.jp)までお問い合わせください。

後期研修医(専攻医)募集案内

 北里大学病院形成外科・美容外科では初期研修を修了し形成外科専門医を目指す後期研修医(専攻医)を募集しています。出身大学、初期研修病院は問いませんが、募集人数は専門医教育の質を担保するため、後期研修医(専攻医)1学年当たりの定員は4名です。

 卒後教育は後期研修医(専攻医)が4年、その後は研究員(助教)が10年となっています。後期研修医(専攻医)は形成外科専門医を取得することを目標とし、研究員は学位の取得や専門分野の臨床研究を行います。

 形成外科専門医を目標とする後期研修医(専攻医)以外にも短期(概ね6ヶ月以上)で形成外科研修を希望する医師も受け入れております。形成外科に関する基本的な知識や手技を習得できるように指導します。処遇は病棟医(北里大学病院の規定では後期研修医は“病棟医”と呼称されます)として常勤医扱いとし、研修期間、研修内容は希望を考慮した上で面談にて決定させていただきます。

研修目標

 北里大学形成外科・美容外科では幅広い視野で物事を観察し、多くの知識の中から最善の治療方法を見つけることができる医師を育てることが目標です。また、患者の局所のみにとらわれることなく、全身状態、生活や環境、家庭環境などのバックグランドまでも把握し最善の医療ができる医師の育成を心掛けています。

後期研修医(専攻医)

 2017年4月から形成外科専門医を目指す後期研修医(専攻医)は従来の専門医制度もしくは新しい専門医制度のうち1つを選択して研修を開始することになります。北里大学病院を基幹施設とする北里大学病院形成外科研修プログラムに参加している連携施設(地域医療施設を含む)は8施設(北里大学メディカルセンター、北里研究所病院、佐久総合病院佐久医療センター、北信総合病院、相模原協同病院、平塚共済病院、横須賀共済病院、横浜南共済病院)です。形成外科専門医を取得するためには4年間の研修期間が必要です。北里大学病院形成外科研修プログラムでは後期研修医(専攻医)1年目は大学病院で研修します。その後は連携施設および大学病院で形成外科研修を行います。後期研修医(専攻医)4年目は大学病院の臨床業務を統括するチーフレジデントとして研鑽していただきます。後期研修医(専攻医)の間に経験できる症例は北里大学形成外科研修プログラムに則って簡単なものから始め、徐々に難しい症例を経験していきます。北里大学病院形成外科研修プログラム内容は日本形成外科学会ホームページで公開されています。

北里大学病院形成外科研修プログラム

(掲載の専門研修プログラムは、一次審査を通過したものであり、まだ二次審査を踏まえて修正・変更があることをご承知おきくださいますようお願い致します。)

 大学病院での研修はA、B、救命救急の3チームに分かれます。Aチームでは腫瘍、再建、手外科を研修し、Bチームでは口唇口蓋裂、美容、顎顔面外科を研修します。救命救急チームでは四肢の外傷、広範囲熱傷、顔面外傷を中心に研修します。4年間の研修期間内に形成外科専門医資格を取得するのに必要な手技や知識を身につけます。チーフレジデントを修了した者は、翌年に形成外科専門医資格の取得を目指します。

 毎週水曜日には「絵画教室」が行われています。植松健雄先生(アトリエ611)を講師に迎え、新人を対象にデッサン、油絵などを指導していただき形成外科に必要な「ものを見る目」を勉強しています。

研究員(助教)

 研究員の任用期間は10年間です。1年目には形成外科専門医試験が受験できます。研究員は大学や連携施設で基礎研究や臨床研究を行い、学位の取得を目指します。この期間に大学院に進学し学位を取得することもできます。臨床研究では形成外科関連領域の専門性を高めることで、創傷外科専門医、皮膚腫瘍外科指導専門医、熱傷専門医、美容外科専門医、手外科専門医など形成外科サブスペシャリティーの専門医資格の取得が可能です。研究員任用中もしくは修了後からは大学病院や連携施設の指導医として活躍することができます。

連絡先

 見学は随時受け付けていますので、まずは連絡を下さい。メールでお問い合せしていただければ、見学の日程を調整させて頂きます。

〒252-0375
神奈川県相模原市南区北里1-15-1
北里大学病院形成外科・美容外科
多那亜希子(秘書)または杉本孝之

Mail:メールでの連絡先

専攻医登録(入局)のご案内

入局希望受付は2017年9月29日をもって締め切りました。

入局希望を申請された方は、事務局から追ってメールで連絡させていただきます。面接試験は10月9日・10日を予定しています(下記参照)。不明点などございましたら、お気軽に事務局(kprs@kitasato-u.ac.jp)までお問い合わせください。

面接試験の結果、12月15日に採否通知を行います。
欠員が生じた場合のみ、第2次募集を12月16日以降に行います。
第2次募集に関しての詳細は、12月中旬にこのホームページでご案内いたします。

入局希望者面接日程について

日本専門医機構の規定により、入局希望者は申込受付後、以下の日程で面接試験を受けてください。 後日、採否通知を送付いたします。

入局希望者の面接日 2017年10月9日(月・祝)または10日(火)
面接会場 10月9日:ユニコムプラザさがみはら(小田急線相模大野駅直結)
10月10日:北里大学病院 形成外科・美容外科外来

(詳しい時刻や会場については、入局希望受付後に送付されるメールの指示に従ってください。また、上記日程で都合がつかない場合は、メール・電話で個別にご相談ください。)

北里大学 形成外科・美容外科は

  • 2016年神奈川県で最多の手術件数(2017/5/7 読売新聞“病院の実力”より)
  • 高度先進医療のみならず地域の基幹病院としての役割も果たすため、症例が特定の疾患に偏らない
  • 大学教授や著名な形成・美容外科医を擁する充実した同門会
  • 1973年の開設以来、臨床能力の高い人材を輩出し続けている優れた教育システム
  • 年間約1200件の手術内容全てが、専攻医が主体的に運営するカンファレンスで徹底的に検討されることによる高い教育効果
  • 外来初療、カンファレンス、実際の手術、周術期管理、後療法、外来フォローアップを通して、一人の患者さんを、疾患だけでなく人格や要望、家族・社会的背景を尊重して総合的に診療する具体的な方法を学べる
  • 過去5年間の日本形成外科学会専門医試験合格率100%

上記のような特徴を持つ医局です。

入局された専攻医の先生方は、北里大学 形成外科・美容外科の恵まれた環境と教育システムの中で研鑽を積んでいただくことにより、4年間の研修後に“高度な臨床能力を持つ形成外科専門医”に確実に成長なさることと思います。しかし、そのためには入局者一人一人に専門医たるにふさわしい十分な臨床経験を積んでいただくことが必要です。

したがって、募集定員は4名とさせていただきます。

出身大学や初期研修病院は問いませんし、そのようなものが研修内容・待遇に反映されることは一切ありません。入局された先生方が確実に専門医資格を取得できるように、われわれ北里大学 形成外科・美容外科が、医局の総力を挙げてバックアップいたします。あなたも、臨床能力を飛躍的に向上させて、患者さんからも、他の医師からも信頼される自立した形成外科・美容外科医になりませんか?

これまでの内容で、疑問点や質問のある方はお気軽にお問い合わせください。

連絡先:
北里大学病院 形成外科・美容外科
〒252-0375 神奈川県相模原市南区北里1-15-1
電話:042-778-9074
FAX: 042-778-9327
メールアドレス:kprs@kitasato-u.ac.jp
事務局 秘書 多那亜希子
医局長 杉本孝之

ページの先頭に戻る