トップページ > 教室紹介 > 沿革

教室紹介


沿革

北里大学医学部は1970年(昭和45年)春に戦後初めて医学部開設が認可となった4校の一つとして正式に発足し、1971年(昭和46年)7月に北里大学病院が開院となりました。 泌尿器科学単位は、当医学部の開設時に東京慈恵会医科大学から招聘された小柴健(現:名誉)教授の指導のもとに創設され、 診療面では経尿道的内視鏡手術や腎移植を主眼に置いた腎不全治療、尿路性器腫瘍、尿路結石治療を主として取り組んで参りました。

1998年(平成10年)9月より馬場志郎先生が慶応義塾大学より第2代主任教授として就任し、これまでの当科の特徴を踏襲しつつ、腹腔鏡を用いた低侵襲手術をはじめ、 前立腺癌に対する遺伝子治療や密封小線源療法、膀胱癌に対するペプチドワクチン療法などの先端的医療にも積極的に取り組み、 皆様に信頼される最高の医療を提供できるよう努力致しております。低侵襲性外科の一つであります腹腔鏡下手術につきましては1,000例以上の経験を有する診療科です。 さらに、プロテオーム解析による新規腫瘍マーカーの探索や腫瘍、移植免疫に関する基礎研究も行っております。

1971年1月
小柴 健 主任教授 着任
1971年1月
石橋 晃 助教授 着任
1971年6月
酒井 糾 助教授 着任
1971年7月
北里大学病院開院
1978年7月
遠藤忠雄 講師 助教授に昇任
1984年4月
石橋 晃 助教授 教授昇任
1987年4月
酒井 糾 助教授 教授昇任
1991年9月
石橋 晃 教授 大学病院長に就任
1994年7月
酒井 糾 教授 教授 大学病院副院長に就任
1995年4月
小柴 健 教授 北里研究所メディカルセンター病院長兼務
1998年3月
小柴 健 教授 退任。現北里大学名誉教授 財団法人野口英世記念会副会長
1998年4月
酒井 糾 教授 泌尿器科学主任教授代行
1998年9月
馬場志郎 主任教授 着任
1998年10月
酒井 糾 教授 退任
2000年3月
石橋 晃 教授 退任
2000年12月
内田豊昭 講師 診療助教授に昇任
2001年3月
遠藤忠雄 赴任教授 退任
2002年3月
内田豊昭 診療助教授 退任 東海大学助教授で赴任
2002年5月
頴川 晋 講師 診療助教授に昇任
2003年7月
馬場志郎 教授 北里大学病院副院長に就任
2004年4月
頴川 晋 診療助教授 退任 慈恵会医科大学教授で赴任
2004年5月
吉田一成 講師 助教授に昇任
2004年6月
岩村正嗣 講師 診療助教授に昇任
2005年12月
荒川 孝 助教授 退任 国際医療福祉大学三田病院教授で赴任
2006年7月
馬場志郎 教授 北里大学医学部医学科長に就任
2008年7月
馬場志郎 教授 北里大学図書館長に就任
2009年10月
吉田一成 准教授 診療教授に就任
2012年3月
馬場志郎 教授退任、現北里大学名誉教授
2013年1月
岩村正嗣 主任教授 着任
2018年7月
岩村正嗣 主任教授 北里大学病院病院長に就任

主な学会活動

1977年10月
第42回 日本泌尿器科学会東部総会開催
1997年4月
第85回 日本泌尿器科学会総会開催
1998年1月
第31回 日本腎移植臨床研究会開催
2005年11月
第19回 日本Endoruology・ESWL学会総会開催
2007年1月
第18回 日本性機能学会東部総会開催
2011年7月
第20回 日本腎不全外科研究会開催
2011年7月
第13回 日本アクセス研究会セミナー開催
2011年9月
第17回 日本HDF研究会学術集会・総会開催
2011年11月
第32回 日本レーザー医学会総会開催
2012年7月
第28回 腎移植・血管外科研究会開催