KUBBのご案内

ご挨拶

北里大学名誉教授 糸満 盛憲

認定証

 わが国では九州大学整形外科の天児民和教授によって初めて骨バンクが設置されました。 私たちは、1971年の北里大学病院創立と同時に、整形外科内に九州大学の方式による骨バンクを設立しました。当初は、手術の際に切除されて廃棄される大腿骨頭や、切断された下肢の骨を無菌的に採取・保存して、大きな骨欠損の修復を必要とする患者さんの治療に 用いていました。

 次第に同種骨移植を必要とする患者さんの数が増えて、手術時に採取される骨だけでは需要に追いつかなくなり、わが国では初めて1978年にご遺体からの採取に着手することになりました。幸いにもこの当時は、ちょうど「腎臓の移植に関する法律」が国会に上程されていて、国民の間に移植医療に関する議論が広く行われている時期でした。私たちは法律の専門家と綿密に協議した結果、当時の法律のもとでも「ご遺族の書面による承諾」を得ることによって、ご遺体から採取した骨や靱帯を保存して移植に用いることが可能であるとの結論に達しました。当時としては画期的なことでした。

 同種組織の移植においてもっとも大きな問題は、悪性腫瘍や感染性疾患などの病気移しで あり、肝炎やエイズなどのウイルス感染症は厳重なスクリーニングを行う一方、加温や放射線照射、エチレンオキサイドガスなどによる消毒あるいは滅菌を施すことによって安全で良質な移植骨を提供できる体制を整えてきました。当バンクは1996年3月に施設内倫理委員会の厳正な審査を受けて運営されており、日本組織移植学会のガイドライン、日本整形外科学会のマニュアルに則って、倫理的にも質的にも整備されたバンクとして、2006年3月に日本組織移植学会にも認定されました。

 当骨バンクには日本組織移植学会認定の組織移植コーディネータが常駐しており、日夜献身的に活動しています。また当バンクは日本臓器移植ネットワークと連携した東日本組織移植ネットワークに加盟して、東日本における唯一の認定骨バンクとして活動しており、院内だけでなく院外におけるドナー情報にも積極的に対応しています。

 2007年3月には、厚生労働省によって、先進医療「凍結保存同種組織を用いた外科治療」を行うことのできる施設として認定されました。骨バンクとしてはわが国最初の認定施設です。その後、同種骨移植が最もよい適応である大きな骨欠損を有する多くの患者さんに適応し成果を挙げています。

 今後とも「より安全で良質な同種骨・靱帯を安定供給する」ことをモットーに、さらに骨バンクとしての完成度を高めて行きたいと決意しています。骨バンクの活動は、整形外科の医師、組織移植コーディネータの献身的な努力によって推進されています。医学部、病院をはじめ、学会や行政など関係する諸機関のあたたかいご理解とご支援をいただきながら邁進したいと存じます。ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

このページの先頭へ

北里大学医学部整形外科学
〒252-0374
神奈川県相模原市南区北里
1-15-1
tel:042-778-8111
fax:042-778-5850