北里大学病院 放射線部
北里大学病院のホームページはこちらから
Home
放射線部紹介 検査・部門紹介 医療の中の放射線基礎知識  

よくある質問・Q&A

■核医学

Q 放射性医薬品とはどのような薬ですか?
A 微量の放射性同位元素を含み、主にガンマ線という放射線を利用します。病気の場所や臓器の機能・代謝の状態、あるいは腫瘍の活動性などを評価する医薬品のことを言います。
ページトップへ
Q 放射性医薬品はどのような方法で体内に投与するのですか?
A 投与方法のほとんどが静脈注射となります。検査によってはカプセルを飲んだり、ガス状のものを吸入していただくこともあります。
ページトップへ
Q 検査後に体に入っている放射性医薬品はどうなるのですか?
A 核医学検査で使われる放射性医薬品の放射能は極微量で、半減期(放射線量が半分になる時間)も数時間から長いものでも8日です。また投与後、主に尿から排泄されるために検査終了後は短期間で体内から消失します。
ページトップへ
Q 放射性医薬品での副作用はありませんか?
A 微量の放射線被ばく以外には、副作用はほとんどありません。
ページトップへ
[ よくある質問・Q&Aのトップに戻る ]  [ 前のページに戻る ]
ページトップへ
Copyright (C) Kitasato University Hospital. All Rights Reserved.