北里大学病院 放射線部
北里大学病院のホームページはこちらから
Home
放射線部紹介 検査・部門紹介 よくある質問・Q&A 医療の中の放射線基礎知識

検査・部門紹介

核医学検査

核医学検査方法

核医学とは

核医学検査、あるいは核医学検査によって得られる診断用画像のことを、一般的にシンチ(シンチグラフィ)と言います。
また、放射線を放出しながら壊変する性質のある元素を放射性同位元素(radioisotope:RI)と言い、核医学診療に使用される非密封の放射性同位元素及びその標識化合物のことを放射性医薬品と言います。投与された放射性医薬品の体内分布や量およびそれらの時間的変化から目的とする臓器・組織の生体機能ならびに腫瘍の活動性や広がりをガンマカメラあるいはSPECT装置で撮像して診断します。このように核医学は、X線CTやMRIによる形態画像では得られにくい臓器・組織の生理学的機能情報や代謝情報を画像に表すことが出来る他、定量性にも優れた特徴を持つため、治療方針の決定、治療効果の判定や予後予測に重要な検査方法となっています。

核医学撮像方法

静態画像:静止画像が得られます。主に甲状腺や肝、脾、肺血流の検査に用いられる撮像方法です。
動態画像:経時的連続画像と時間放射能曲線が得られます。目的臓器への放射性医薬品の取り込みの量や早さ、洗い出しの程度を定量的に算出する時に行う撮像方法です。主に、腎機能や肺機能の検査に行います。
全身画像:病変検索のために全身を撮像する方法です。骨、骨髄、腫瘍、炎症の検査に行います。
SPECT( Single photon emission CT)画像:放射性医薬品の分布状態を断層像として撮像する方法です。装置の検出器がゆっくり体輪郭に沿って回転しながら撮像します。主に、脳血流、心臓、骨、腫瘍、炎症の検査に行います。
各方向からの断層像を得ることで、深部の3次元的な情報を知ることができます。
SPECT-CT画像:上記のSPECT撮像後にCT撮影をおこない、両者の画像を融合(Fusion)させた画像を得ることができます。
核医学検査Top
PET-CT検査
SPECT-CT について
当院における核医学診療の状況
核医学検査をお受けになられる患者様へ
核医学に関するQ&A
骨の核医学検査
腫瘍・炎症の核医学検査
心臓の核医学検査
肺の核医学検査
脳血流の核医学検査
腎臓の核医学検査
消化器官の核医学検査
甲状腺の核医学検査
ページトップへ
Copyright (C) Kitasato University Hospital. All Rights Reserved.