ホーム > 卒後教育委員会

卒後教育委員会

卒後教育委員会

北里大学病院・東病院は、職員全員が医療の質の向上と安全な医療を目指して、臨床教育に全力で取り組んでいる病院です。私たちは、開設以来「患者中心の医療」をテーマに掲げてきました。そして、患者中心の医療を実践するための努力が長年積み重ねられ、今、その心が職員一人ひとりに根づいています。私たちは、さらに「共に創りだす医療」を合言葉に、患者と共に、仲間と共に、社会と共に、求められる医療を考え、あるべき医療を創っていきます。

北里大学病院・東病院は、高度で先進的な医療を実践しながら、地域医療を支える市民病院的役割も担っています。両病院で合計1,500床を超える病床をもち、内科系・外科系を問わず多くの入院患者、外来患者の診療を行い、新生児から超高齢者まで疾患構造も多岐にわたります。消化器センター、心臓血管センター、呼吸器センター、脳血管センター、周産母子センター、救命救急センターなどが設置され、集学的に安全かつ高度なチーム医療を効率よく行ってきました。手術件数や治療成績など診療実績は国内でトップレベルを維持しています。平成26年5月には新大学病院が開院し、重点医療分野として、救命救急・災害医療センター、集学的がん診療センター、周産母子成育医療センターを整備しました。

北里大学病院・東病院は、研修医(卒後2年間)の初期臨床研修プログラムを充実させ、研修医がよりきめ細かい指導を受ける体制と、医師としての資質向上のための全病院的指導体制を築いています。初期臨床研修プログラムは研修者が基本的な医療知識や技術を無理なく修得できるように配慮されています。臨床研修を充実させるために、平成25年には病院に隣接した居住性の良い宿舎(コンフォート北里)を確保し、研修環境も整備しています。

これらの研修医のための環境作りに加えて、なによりも、ここにいる医師たちは、後輩を育てることが自分たちのもっとも大切な仕事の一つだと考え、情熱と愛情をもって研修医に接しています。

私たちは研修医の包括的な目標を次のように掲げています。

研修医(卒後2年間)の包括的な行動目標

  1. 1)自ら考え解決法を探ることができる。
  2. 2)救急の現場で自信をもって対応できる。
  3. 3)医療事故を起こさないための医療安全の基本的な習慣を身につける。

北里大学病院・東病院は、緑に囲まれた素晴らしい環境の下、あなたがたの良医になるための基盤づくりと専門医への大きな飛躍を約束致します。

pagetop