胆膵グループ

胆膵グループ

胆膵領域の疾患は、体の中心に位置しアクセスが難しいため、疾患の早期診断・治療が困難な場合が臨床上多く認められます。そのため内視鏡的逆行性膵胆管造影検査(ERCP)、超音波内視鏡(EUS)及び超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)などの複雑な検査を行う必要があります。また一般的には手術が困難な進行膵癌,胆道癌の治療成績は良好とは言えませんが、これらの難治性疾患にも積極的に化学療法や内視鏡治療を導入しています。したがって患者様と我々医療スタッフとの信頼関係を築き上げる事が重要となります。外来・入院時の十分な説明(インフォームドコンセント)を行い、関連病院と連携し、患者様の診断・治療に当たるよう心がけて診療を行っております。

さらに胆膵疾患の診断・治療の向上のため、関連施設や全国の専門施設と協力して多施設臨床研究を行っています。また、年間十数名の外国人留学生、国内留学生を受け入れ、大学内外を問わず若手医師の育成と、外国の先生方には内視鏡先進国である日本の内視鏡診断・治療を伝えています。また、日本の先生方を対象とした北里EUSトレーニングコースや、アジアの先生方を対象としたAsian EUS Group “Train The Trainer” EUS Courseを行い、先進技術の教育も行っています。

スタッフ

  • 木田 光広 医師
  • 岩井 知久 医師
  • 奥脇 興介 医師
  • 山内 浩史 医師
  • 金子 亨  医師
  • 長谷川力也 医師
  • 渡辺 真郁 医師
  • 黒須 貴浩 医師

非常勤スタッフ

  • 今泉  弘 医師
  • 坂口 哲章 医師
  • 近藤 一英 医師
  • 松本 高明 医師
  • 宮田 英治 医師
  • 湊 尚貴  医師

胆膵内視鏡検査・治療

胆膵疾患の診断・治療を行うにあたり胆膵内視鏡(ERCP,EUS,EUS-FNAなど)は必要不可欠な手技です。私どもは北里大学内視鏡センターと連携し最先端の機器を用いて内視鏡検査・治療を行っています。また、従来内視鏡的アプローチが困難であった術後再建腸管症例に対しても積極的に小腸鏡を用いたERCPを行って良好な治療成績を得ています。これらの胆膵内視鏡検査・治療の実績は国内でも屈指であり多くの多施設共同研究をおこなっています。またアジアを中心としたインターナショナルな共同研究にも参加しています。

2018年度の胆膵内視鏡関連の検査・治療数

内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)
789件
  内視鏡的胆道ドレナージ術
482件
  内視鏡的胆管結石採石術
154件
  内視鏡的膵管ステント留置術
70件
経口膵胆管鏡
9件
バルーン式内視鏡下ERCP
75件
診断的超音波内視鏡検査(EUS)
1,041件
超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)
247件
超音波内視鏡下瘻孔形成術
36件
内視鏡的乳頭切除術
10件
化学療法 膵癌
71件
     胆道癌
14件

主な対象疾患

膵癌・胆道癌

膵・胆道系の悪性腫瘍は早期発見・治療が困難な、難治性の腫瘍です。 当グループでは、初期の小さな病変の診断を目指して内視鏡的逆行性膵胆管造影検査(ERCP)や超音波内視鏡検査(EUS)や管腔内超音波検査(IDUS)を積極的に行っています。また、癌の確定診断のためにERCPや超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)を多くの症例で行っています。診断後の治療については、外科的手術のみならず、化学療法(抗癌剤治療)、放射線治療、インターベンション治療、内視鏡的緩和治療などを組み合わせる集学的治療を必要とします。当グループでは消化器外科・放射線科と定期的にキャンサーボードを開催し、個々の症例別に治療方針を決定し、協力して治療を行っています。 膵胆道癌の化学療法については、標準治療を中心に、集学的がん診療センターと連携し外来化学療法を行っています。当グループが2018年度1年間で新規に化学療法を導入した膵癌は71例、胆道癌は14例と多数の経験を有しています。また、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)の参加施設として新しい治療の開発にも協力しています。

胆嚢結石・胆管結石

胆道良性疾患の代表である胆嚢結石・胆管結石は、時に胆嚢炎、胆管炎、閉塞性黄疸、敗血症などの重篤な合併症へと進展する疾患です。
当グループでは、超音波検査、MDCT、MRCP、EUS等で画像診断を進め、ERCP、小腸鏡を用いたERCPでのEST、EPLBDなどによる内視鏡的胆管結石截石術、インターベンション治療を行っています。

急性膵炎・慢性膵炎

重症急性膵炎は死亡率約10~20%と厚生省特定疾患に指定されている難病です。当グループでは救命救急センターと連携しながら高度集中治療を提供し救命率の改善に取り組んでいます。感染性被包化壊死は時に致死的な膵炎局所合併症の一つですが、EUSガイド下嚢胞ドレナージや内視鏡的ネクロセクトミーなどの内視鏡的治療を積極的に導入し良好な治療成績を得ています。慢性膵炎ではEUS・ERCP、各画像検査で診断を行っています。ERCPやEUS-FNAの手技を用いて、膵石の内視鏡的治療や膵仮性嚢胞の内視鏡的ドレナージ治療を行っています。また、悪性腫瘍との鑑別に苦慮することが多い自己免疫性膵炎などにもEUS-FNAを行うことにより確定診断を行った後に適切な治療を提供しています(動画参照、準備中)。
上記以外にも、早期十二指腸乳頭部癌に対する内視鏡的乳頭切除術、膵嚢胞性疾患、膵内分泌腫瘍、先天性胆管拡張症、膵胆管合流異常症など、胆道・膵の疾患を幅広く取り扱っております。

グループ紹介―胆膵グループ写真

北里大学病院および関連病院による膵がん早期診断プロジェクトについて

プロジェクトの趣旨について

膵がんは早期診断が難しく、発見時には外科手術が適応となる症例が約20%と少なく、残りの80%以上は化学療法を選択せざるを得ず、5年生存率は7~9%とされています。
 今回の膵がん早期診断プロジェクトは、開業医さん等との地域連携を用いて膵がんリスクのある患者さんをご紹介頂き、紹介先病院で精密検査を行い、その結果に基づく診断、必要なフォローをさせて頂き、実施するものです。これにより地域の皆様に最適な膵がん診断・治療を提供し、ひいてはこの地域の膵癌の予後を改善出来ればと考えております。

膵がんのリスクファクター確認について

以下のリスクファクター(なりやすい要因)に該当する場合は、「膵がんリスクファクター確認票」にチェックのうえ、診療情報提供書と併せて消化器内科宛てにご紹介いただきますようお願いいたします。

1群:有症症状、臨床所見例
・膵癌が疑われる症状(腹痛、食欲不振、早期腹満感、黄疸、背部痛、体重減少など)
・腫瘍マーカー(CA19-9、DupanII、Span-Iなど)
・血中膵酵素(エラスターゼ、アミラーゼなど)
・検査所見
  膵管拡張(MPD≧3㎜)
  膵嚢胞
  膵腫瘍
  膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)膵癌リスク0.5~1.1%/年
 
2群:糖尿病例膵癌リスク2倍
・2型糖尿病新規発症5.38倍(1年以内)
・糖尿病コントロール不良
 
3群:リスクファクター(50歳以上で以下に該当する方)
・膵癌家族歴あり膵癌リスク4.5倍(1人)、6.4倍(2人)
・慢性膵炎6.9倍
・遺伝性膵炎40~87倍
・乳癌卵巣癌症候群(乳癌、卵巣癌の既往歴ある方)4.1~5.7倍
・ポイツ・ジェガーズ症候群132倍
・家族性多発母斑黒色腫症候群13~22倍
・リンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス性大腸癌)8.6倍
・大腸腺種ポリポーシス4.4倍
・BMI 30以上の肥満3.5倍
・喫煙1.68倍
・大量飲酒アルコール37.5g1.22倍
・塩素化炭化水素暴露に関わる職業2.21倍

プロジェクト運用(患者さん紹介の手順)について

1.「診療情報提供書」と「膵がんリスクファクター確認票」を同封の上、当院の消化器内科にご紹介ください。専門医の診察を経て精密検査(EUS・CT・MRI等)を施行いたします。
2.精密検査において問題がないと診断された患者さんはご紹介元の先生にご報告、逆紹介をいたします。
3.精密検査において要経過観察と診断した患者さんには、次回の再診予約を行うとともに紹介元の先生に検査所見等のご報告をいたします。
その後の経過観察、再診検査時に置きましても、その際の定期検査の結果を、紹介元の先生にご報告する予定です。

書類のダウンロード

膵がんリスクファクター確認票

北里大学病院および関連病院による膵がん早期診断プロジェクト(KPSP)ポスター