教授挨拶

2012年6月1日より北里大学医学部神経内科学を担当させていただいております西山と申します。主任教授着任の御挨拶を兼ねて当教室の御紹介を述べさせていただきます。

北里大学は、学祖である北里柴三郎博士が大正3年に創設した北里研究所の50周年記念事業の一環として、ゆかりの地、東京都港区白金に昭和37年に衛生学部をもって創設されました。その後、医学部は昭和45年に設置され、清新の気風にあふれた医学教育の実践、「開拓、報恩、叡智と実践、不撓不屈」の理念を建学の精神といたしております。

本学の神経内科学教室は、田崎義昭先生が初代教授として内科学Ⅲの中に興されました。その後、二代目・古和久幸先生、三代目・坂井文彦先生、四代目・望月秀樹先生が責任者を務められた歴史と伝統のある組織です。診療面では、本院と東病院をあわせて80近くの病床数を有し、これは全国に数多存在する大学病院の神経内科としましては群を抜いた規模の一つであります。これが良き臨床神経内科医を多数輩出する土壌の一翼を担っていたと言えましょう。また歴代の教授の多くは日本神経学会の理事や会長等の要職につかれており、当教室は素晴らしい指導者に恵まれた点も教室の現在の有り様の基盤になっております。臨床面でも学術面でも日本有数の神経内科学教室でありますので、浅学非才な私ではございますが、伝統ある教室をさらに発展させるべく努力して参りたいと思います。

北里大学医学部ならびに北里大学病院は現在大きな変革期に直面しております。現在相模原キャンパス内に建設中の新病院の開院を平成26年に控え、平成27年には北里東病院の発展的改変もなされます。大学病院本院と東病院の両者に病棟・外来をかかえる当科としましては、大きな発展の時期を迎えるために一大変革に備える必要があります。さらに当科は、北里研究所病院(白金)ならびに北里大学メディカルセンター(北本)にも神経内科病棟を運営しており、今後北里4施設の一体的発展が望まれますこのような大きな改革期に責任者として赴任する機会を頂戴いたしましたこと、本当に身も心も引き締まる思いでございます。

さて当科運営のポリシーでございますが、良き神経内科専門医の育成、神経内科疾患の超急性期~急性期~慢性期~終末期のすべてを学べる医育機関たるに神経内科学講座の構築、これらを最大の目標に掲げております。診療面では患者本位の最良の診療の実践、これを通じて神経内科専門医育成のための教育体制の充実、さらには神経内科を専門とする者としての個性に基づいた研究を幅広く推進、これらを教室運営の中心に考えております。

まず教育面に関してですが、初期研修と神経内科専門医の養成をどのように統合して、充実した内容にしていくかが問われています。当教室の初期研修では、北里東病院で神経変性疾患を中心とした神経難病を、大学病院本院で脳血管障害などの急性期神経内科疾患を担当するように役割分担を行っております。卒後1年次及び2年次にはローテーションでこうした屋根瓦方式での専門的研修を受けることが可能となります。さらに後期研修期間には、神経内科医として病棟・外来での診療を通じて屋根瓦方式での教育をうけることは言うに及ばず、神経生理学、神経放射線、神経病理学、神経心理学などの専門的な研修をも受けられる研修プログラムを提供できるよう教育体制の充実を図ります。さらに急性期疾患ないし慢性期疾患について、多くの症例の診療を主体的に実践できるよう関連病院での研修をも組み合わせて、神経内科専門医の養成に相応しい教育プログラムを提供して参ります。

診療に関しましては、当院の位置する地域の特性に基づいた神経内科診療を心がけます。即ち医育研究機関の臨床内科系講座部門として、急性神経内科疾患及び慢性神経内科疾患の診療を行う必要があります。脳血管障害を中心とした急性神経疾患と、神経変性疾患を中心とする慢性神経疾患との両者を高いレベルで診療できる施設は本邦では多いとはいえず、また両者に関する高い教育体制を有する医育機関も乏しいのが現状です。従来より神経内科としての診療規模の大きかった当科は、こうした数少ない施設のひとつであると自負しております。こうした特長を生かして急性疾患と慢性疾患のバランスを重視した診療運営を行うことが重要と考えています。神奈川県県央、県北部から東京都多摩地区の一部までを診療圏とする当科は、慢性疾患においても急性疾患においても、地域の中核医療機関であり、当地域の牽引車となるべき立場です。一方で数百万人とも推定される圏域の神経内科疾患及びその合併症を当科だけで診療することは不可能ですので、当科は大学病院が対応すべき医療を適切に供給し、他方地域医療機関との連携で圏域の医療レベルの向上に寄与して参りたいと願っております。

研究面についてですが、大学病院ですので研究を行うことは当然ですが、予算や人員に制限のある私立大学講座であることを勘案すると、やみくもにあらゆる研究に手を出すことには慎重でありたいと考えます。臨床教室における研究とは、常に”from bench to bedside, from bedside to bench”を基本姿勢とすべきであり、当教室でも我々の診療面での特徴と表裏一体となれるような研究を伸ばしていくべきであると考えます。当科の特徴を考えた時、具体的には脳血管障害の臨床研究・基礎研究、神経難病の病態機序の解明、その治療に関する研究、などは自ずと積極的に推進して参るべき課題になることでしょう。さらにはスタッフの専門性などからは、神経免疫学、頭痛学、神経救急、神経サルコイドーシス、神経筋エコーなども重点的な研究テーマとなることでしょう。ただし、研究はあくまでも講座構成員が自主的に行うものであり、講座責任者としましては彼らの北里大学らしい「自由の精神」を重視していきたいと思いますので、研究テーマに関しても自由な校風を堅持して参る所存です。

私は講座構成員とこのような理念を共有し、神経内科の診療、教育、研究を大きく発展させていくことをお約束し、簡単ではございますがまずは私の着任の挨拶にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

神経内科学科紹介