脳血管障害

神経内科と聞いてパーキンソン病等の慢性難治性疾患をイメージする人も多いかも知れませんが、実際には脳血管障害は冠血管障害の4倍の発症率があるといわれている様に脳血管障害を始めとした救急疾患も少なくありません。さらに今後高齢化社会を迎えるにあたって脳卒中の後遺症で悩まされる患者さんは増加する事が予想されます。北里大学神経内科では以前より脳血管障害をはじめとした神経内科的救急疾患の診療に力を入れてきました。

当科では現在、脳卒中専用ホットラインを活用した脳血管障害超急性期治療体制をとり、治療適応のある患者様には血栓溶解療法(rtPA療法)を施行しています。また、入院患者様に対しては頚動脈超音波検査及び経食道心臓超音波検査を神経内科スタッフ自身が行うことで、神経内科自ら原因不明の脳梗塞の診断をできる体制をとっています。急性期治療後は北里大学東病院や他の関連リハビリテーション病院との連携で脳血管障害の回復期のリハビリテーションを行っています。

以上の様に当科では脳血管障害の超急性期~慢性期の一連の診療を担当し、脳血管障害の患者様の生活の質(QOL)の向上を目指しています。

また、脳卒中の基礎研究部門ではラットを用いて脳梗塞モデルを作成し(中大脳動脈閉塞モデル、スミスのモデル)脳梗塞の病態および脳梗塞による神経障害の軽減について検討しています。これまで軸索反発因子であるセマフォリンの虚血性神経障害に対する関与や、睡眠覚醒・摂食行動に関する生体物質であるオレキシンの神経保護効果について研究してきました。これまでの私たちの研究の結果オレキシンの脳梗塞面積減少効果が明らかになってきており、臨床応用を念頭に研究活動を行っています。

現在進行中の臨床研究について

2017年4月30日

研究課題名:THAWS試験

「THrombolysis for Acute Wake-up and unclear-onset Strokes with alteplase at 0.6 mg/kg」
「発症時刻不明の脳梗塞患者に対する静注血栓溶解療法の適応拡大を目指した臨床研究」

脳梗塞は長年にわたって治らない病気と云われてきましたが、近年の治療法の開発に伴って治る病気へと様変わりしました。tPAを用いた血栓溶解療法は脳梗塞が起こってから4.5時間以内の患者に用いることで、患者さんの後遺症を減らすことが出来ますし、発症から治療開始までの制限時間をさらに延ばすべく、多くの試みがなされています。しかし、制限時間が延びても、このtPA治療を受けられない患者さんのグループがあります。それは、朝目覚めた時に脳梗塞の症状に気づいた方たちや、意識障害などを伴うためにいつから症状が現れたかを伝えられない方たちです。tPA治療のルールは厳格で、副作用としての頭蓋内出血が増えるとの懸念から、制限時間を超えて治療を始めることは禁じられています。したがって、発症時刻が分からない患者さんは、現状ではこの治療を受けられません。THAWS試験では、このような発症時刻不明の脳梗塞患者さんにもtPA治療を行えるようにするために行われています。MRI画像診断を駆使しておおよその発症時刻が4.5時間以内と考えられる発症時刻不明脳梗塞患者さんを選び出し、tPA治療と従来の内科治療の効果を比べます。同様の試験が海外でも行われており、それらと結果を併せて治療効果を調べる予定です。国内の40近い施設が参加し、製薬企業から試験内容への制約を受けない医師主導型研究として、また厚生労働省が認めた先進医療として試験を進めています。



研究課題名:BAT2研究

「The Bleeding with Antithrombotic Therapy Study 2」
「脳卒中研究者新ネットワークを活用した脳・心血管疾患における抗血栓療法の実態と安全性の解明

脳卒中や心臓血管病といった循環器疾患の診療において抗血栓療法(抗血小板療法、抗凝固療法)が果たす役割は、年を追う毎に大きくなっています。この数年でも非弁膜症性心房細動や静脈血栓塞栓症の治療にいくつもの直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)の使用が承認され、虚血性心疾患への新たな抗血小板薬も現れました。従来薬と全く異なる作用機序の、新たな抗血栓薬の開発も、続いています。抗血栓薬はそれぞれに作用機序が異なり、より多くの種類をより大量に使えば、それだけ脳卒中などの虚血イベントを起こし難くなります。しかし臨床の現場では、適切な種類の薬のみを適量で使う匙加減が求められます。これは、抗血栓薬を増やせば、その宿命的な副作用である出血合併症も起こり易くなるからです。とくに私たち日本人を含んだアジアの人たちは、他の民族よりも脳出血を起こし易いので、このような匙加減にいっそうの工夫が求められます。
2003年から2006年にかけて国内18施設共同で、この抗血栓療法に伴う出血合併症の実態を解明すべく、厚生労働省の助成を受けた登録研究(BAT:The Bleeding with Antithrombotic Therapy Study)が行われ、日本人抗血栓薬服用者の臨床像を明らかにするのに大いに役立ち、その研究成果は国内の多くのガイドラインにも引用されました。BATの調査終了から10年を経て、日本医療研究開発機構(AMED)の助成を受けて、再び医師主導で国内多施設での登録を開始されました。前回よりも多くの施設が参加し、登録時の頭部MRI所見とその後の出血イベントとの関連を解明することにもこだわり研究が進めてられています。BAT2の研究成果が、わが国の多くの脳卒中患者さんに対する安全で効率的な抗血栓療法の実践に結びつくことが期待されています。

連絡先
〒 252-0374
神奈川件相模原市南区北里1-15-1
北里大学医学部 神経内科学
研究責任者:阿久津二夫(あくつ つぎお)
TEL: 042-778-8111