口唇裂・口蓋裂外来 北里大学病院 形成外科・美容外科では形成外科領域全般にわたって幅広く治療にあたっています。

口唇裂・口蓋裂外来

  • 杉本 孝之
  • 山崎 安晴

口唇口蓋裂、先天性の頭蓋顎顔面の疾患、外耳の先天性疾患について

口唇口蓋裂

 口唇、口蓋に裂のある状態で赤ちゃんが出生してくる病気で、先天性疾患の中でも最も多いものの1つです。当科では開設初期からから専門外来を設置し、産婦人科、小児科、耳鼻咽喉科、口腔外科、矯正歯科、看護部、などとともにチーム医療を行い、患者様のニーズに合わせた治療を行ってきました。近年では精神的サポートを目的として精神神経科医師もチームに加わっております。手術の傷跡を消し去ることは今の医学では不可能ですが、いかにきれいな傷跡にするかを念頭に手術を行っています。また口蓋裂の手術においては機能面での成績は当然のことながら、顎の発育を考慮した手術を行っています。顎の発育は将来の歯並びや噛み合わせに大きな影響があり、患児様の将来の顔貌にも大きな影響があります。さらに口唇口蓋同時形成術も行っており手術回数、入院回数を減らすことにより患者本人、ご家族の負担軽減にも努めています。大学病院でありながら、各科の連携が取りやすい本当の意味でのチーム医療を目指し治療を行っています。また春と秋の年に2回、『口唇口蓋裂・親の会』を開催し、チームの各スタッフからの講演と親同士の交流会を通して疾患や治療に対する理解を深めていただき、質疑応答などを参考にしてスタッフもさらなる治療の向上に努めています(写真)。 顎顔面、耳などの先天性疾患;頭蓋縫合早期癒合症(クルーゾン症候群、アペルト症候群、短頭症、舟状頭蓋、三角頭蓋、等)に対しては従来の頭蓋骨々切り術の他に骨延長器を用いた頭蓋形成術も行っています。治療に際しては脳神経外科とともにチーム医療を行っています。

 小耳症、その他の耳の異常に対する形成や再建も各専門スタッフが行っています。

 漏斗胸の治療は従来の胸骨、肋骨、肋軟骨の骨切り手術の他にNUSS法を用いた手術も行っています。胸部外科と小児呼吸器科の関連科との密な連携の元にチーム医療を行っています。

 上記以外の先天性の疾患に関しても症状、状態に応じてもっとも適切な時期に最適な治療法を選択して行っています。

親子の会の様子
親子の会の様子

顎顔面、耳などの先天性疾患

 頭蓋縫合早期癒合症(クルーゾン症候群、アペルト症候群、短頭症、舟状頭蓋、三角頭蓋、等)に対しては従来の骨きり術の他に骨延長を用いた頭蓋形成術も行っています。治療に際しては脳神経外科とともにチーム医療を行っています。

 小耳症、その他の耳の異常に対する再建も各専門スタッフが行っています。

 漏斗胸の治療はNUSS法を用いて胸部外科と小児呼吸器科とともにチーム医療を行っています。

 上記以外の先天性の疾患に関しても症状、状態に応じてもっとも適切な時期に最適な治療法を選択して行っています。

ページの先頭へ戻る"