悪性腫瘍・再建外科外来 北里大学病院 形成外科・美容外科では形成外科領域全般にわたって幅広く治療にあたっています。

悪性腫瘍・再建外科外来

悪性腫瘍・再建外科

 悪性腫瘍(皮膚悪性腫瘍、軟部組織腫瘍、)の切除及び再建を行っています。乳癌、頭頸部癌切除後や外傷などに伴う組織欠損に対して再建手術も行っています。
 皮膚悪性腫瘍、軟部組織腫瘍の切除、センチネルリンパ節生検、リンパ節郭清、再建手術を行っています。悪性黒色腫、有棘細胞癌、基底細胞癌、乳房外Paget’s病、メルケル細胞癌等の皮膚悪性腫瘍、軟部組織腫瘍(脂肪肉腫、悪性線維性組織球腫、皮膚線維性肉腫、血管肉腫他)に対して皮膚科、放射線科と共に治療にあたっています。近隣医療機関からの紹介も多く、治療件数も年々増加しています。

手術症例数

  2012 2013 2014 2015
悪性黒色腫 14 24 16 21
基底細胞癌 25 29 23 24
有棘細胞癌 20 19 20 13
乳房外Paget’s病 5 4 7 4
悪性軟部組織腫瘍ほか 7 8 7 8

 悪性腫瘍に限らず良性皮膚腫瘍(ほくろ、粉瘤、石灰化上皮腫等)、脂肪腫、ガングリオンなどの治療(外来及び入院手術)を行っています。
 外科(乳腺切除後、腹壁欠損等)、耳鼻科(頭頸部癌)、整形外科(外傷)脳神経外科(頭皮欠損)など担当科と合同で再建手術も行っています。

ページの先頭へ戻る"